プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Single Right 061910
6月19日、Single Rightへ。
2ヶ月ぶりの外岩になります。最近のジムでの登りを考えるとV3位が限界でしょうから、無理せず登る。

SingleRight061910

この日はナチュラル志向な虫除けを付けていったら、虫に刺されまくり。約30箇所やられた。やはり、Deetじゃないと駄目ですね。

SingleRight 061910_2

午後5時も過ぎ、Markと1~2手もののプロジェクト(推定V7)で遊んでいると、野生の子供Red Foxを発見。向こうもこちらに興味津々で、2m程まで接近してきた。無垢でホントウに可愛かった。





クライミング | 2010/06/22(火) 15:17 | Trackback:(0) | Comments:(1)
Trapps 4/18/10
Glenと。
金曜日から続く不規則に降る雨のため中止も検討しましたが、当日の降水確率も30%だったため現地に出発。

Trapps 041810
先週は芽吹いていた芽が、若葉になっていました。

まずは、GlenのJackson Pollockにお付き合い。30分ほどでRP。自身2本目のV8だそうです。やっぱり、グレードは甘く感じた様子。
Jackson Pollock後、Matt夫妻と合流。
Super Star V5に取り付く。Glen、この日の1便目でRP。ムーブをまねるも、左手を左斜め上にギャストンするムーブが出来ず苦戦。左肩はここ数ヶ月痛みが消えていない場所でしたが、なんとなくプッシュしてしまった。結果、登れず。

MattおすすめのTwister V8、Tequila Sunrise V7にもトライ。
両課題とも最低でも4枚のマットが無いとトライできそうになかったため、手をつけていなかった。まずは、Twister V8。核心ムーブで、右手縦カチをハードに決めて左右の足で踏ん張りながら左手クロスを出すのだけど、右手がシックリ来ないので、コントロールして左手を出せず敗退。
Tequila Sunrise V7。核心ムーブから取ったら終わりのガバにかけてまったくチョーク跡が無い。3人でムーブを探るも登り方が分からず敗退。両課題ともムズイです。

Matt夫妻と別れた後、The Illustrious Buddha V8を打ちに。
この日の目標課題でありましたが、ここに来るまでのV5-V8で力を使い切ってしまったためいいとこ無く敗退。この課題を終えるには、フレッシュであるか、体幹をパワーアップしないと可能性は無さそう。

帰宅後、どうも左肩の様子がおかしい。Super Star、しつこく登らなければ良かった。。


<Repeat>
Boulder of the Gods V0 ★
Lazy Mazie V2
The Lorax V4 ★

<Incomplete>
Super Star V5 ★
Tequila Sunrise V7 ★
Twister V8 ★
The Illustrious Buddha V8 ★



クライミング | 2010/04/19(月) 14:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)
My first V8
4月11日 Glen、EricとTrappsへ。

いつも通り、Glenが遅れたため坂の上の駐車場に車を停めれず。下部の駐車場に停めたため、階段を上がりBlack Boulder付近でアップ開始。

Glen、EricもBlack Boulder未登だったので、お付き合い。
今日は4撃。右手スローパーで2度、左手リップが保持できず1度失敗。今回で4登目、なかなか1撃出来ませんね。

今日の目標課題Jackson Pollockトライ前に通りかかったGill EggにてGlen、Ericのトライを観戦。GlenはBlack Boulderに続きRP。Glenの体感でもV4とのこと。

その後、Jackson Pollackに取り掛かる。
パワーを要する課題なので、長引くと登れなくなるのは分かっていたため、集中してトライ。2便目でRP。初V8です。2度、Glenの身体に足が当たってしまったが、ホールドは問題なくつかんでいたので、登れたことにしました。いい課題なので、リピートトライするはず。リピートの際は、もっとコントロールして登りたい。

Trapps 041110
4月中旬に、蛍発見。今年は温かくなるの早いからね。

お昼の休憩後、Super Star、Rock Starにトライ。先日、登った筈のSuper Star。協議の末、トポのラインと違うであろうと結論。よって、前回のRPは無効ということで、登り直し。トポ通りのフェイスにラインを見出そうとセッションになりましたが、ムーブを見出すことが出来ず、敗退。これは、また手ごわいV5登場です。

Super Star敗戦ムード濃厚だったため、Dirty White Boy and Puerto Ricansに移動。
1時間以上打ち込んだものの、核心ムーズは解決出来ず。でも、左手ピンチの精度は上がったのでよしとするか。

帰途に付く途中、凄い人を発見。
041110_2
この高さをフリーソロする人は初めてみました。

帰り道に登っていないThe Goldstone Traverseをトライ。
が、既にパワー切れでギブアップ。


金曜日にあった左肩周りの痛みは良くなったものの、指に粘りがなかったかな。


<Red Point>
Rock Star V1 ★
Jackson Pollock V8 ★

<Repeat>
Dislocator Roof V2
Black Bouldr Problem V5 ★

<Incomplete>
The Goldstone Traverse V4 ★
Super Star V5 ★
Dirty White Boys and Puerto Ricans V7 ★




クライミング | 2010/04/11(日) 23:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Rock Starにはなれなかったけど、Super Starにはなれた
4月4日 Trappsへ。
JoshとMPHCクルーと落ち合う前に、Welcome Boulder付近でアップ+新課題にトライ。

Trapps 040410
一人だったので、ドクロ(落ちると危険)マークの付いていない課題をすることに。
Rock Star V1とSuper Star V5は、同じトップアウトだし、ドクロも付いてないので取り付く。まずは、Rock Star。下部はまったく問題なし、あまり登られていない課題なので、トップアウトのマントルに埃と泥がビッシリ。ヒールが抜けると怖いのでクライムダウン。。

気を取り直して、Super Star。下部のムーブはテクニカルで体幹を要する。いい課題ですね。ムーブを作ってから数回のトライで問題のマントルへ。下部をもう一度やるのが嫌だったので気合のトップアウト。痺れました。

その後、Joshと合流。
JoshおすすめのJahboo V9をトライすることに。
完全なルーフ課題でフットワークがムズイ。核心ムーブはルーフ出口の処理。5人がかりでのセッションだったもののムーブも解決できず。これは明らかに得意系なので、パワーがもうちょっと付いたら強引に行けそうな気がする。

Andrew方面に移動中。かぶり課題The meaning of lifeでセッションをしていたので加わる。
お隣のThe Followingは何度か触ったことのある課題。背中に岩があるのでマットをセットするとまったくもって安全な課題なのだけど、指がすっぽ抜けるとマットの滑り台でスタート地点に落ちそうな立地。"The meaning of life(人生の意味)"らしく、メンタルな課題。苦手系です。
3度ほど、何で途中で止めるのかブーイングを浴びながら、なんとかRP。今日は自分に勝てました。

最後はWelcome Boulderに戻り、Jackson Pollock V8をトライ。
Trapps 040410-2
運よく、ムーブを知っている高校教師に出会い、デモ付きでムーブを教えてもらう。
リップを取りにいくムーブまでは出来たものの、バランスが悪い。フレッシュな時にトライすれば登れそう。

この日は、10時スタート7時50分終了。よく登りました。


<Red Point>
Super Star V5 ★
The meaning of life V5 ★

<Repeat>
Welcome Boulder V0
Lazy Mazie V2
Baby Hole V3 ★

<Incomplete>
Rock Star V1 ★
The Following V6 ★
Boxcar Arete V8 ★ (1回のみトライ)
The Depantzer V8 ★ (1回のみトライ)
Jackson Pollock V8 ★
Jahboo V9 ★



クライミング | 2010/04/05(月) 22:19 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Central Park 03/27/10
当初Gunks行きの予定でしたが、最高気温が摂氏10℃以下で、秋までの間Cat Rockに登れる最後のチャンスかもしれないので、Central Parkへ行ってきた。

現地に着くとPカンで、Cat Rockは太陽をおもいっきり浴びてヌメリ気味。。アップを済ませた後、1時間かけてFancy Feast V4をRP。途中からホールドにまったくチョーク跡が無い課題だったので、使えるホールドの選定に苦労しながらのRP。なんとなくうれしいね、こういうの。

Central Park 032710


Fancy Feastを登った後、太陽が雲に隠れていい感じにひんやりして来た。ってことで、Fancy Feastと途中まで同じムーブのThe Dawg V5をトライ。身体が縮こまるほど寒くないし、岩には陽が当たらないので、いままで触ったCat Rockの中で一番コンディションが良かった。
Fancy Feastトライ開始から2時間。同じムーブの繰り返しで、腕が痺れてきた。過去最高の高度を出せたものの、身体の疲労に勝てず断念。コンディションが良かっただけに残念ですが、またの機会ということで。

今回は、Private Angelにまったく触らず。

帰りしな、なんとなくRat RockのBruce Lee V6に触ってみると、登れそうな気がしたのでトライ。自分のムーブが見えてきてから3度目が一番良かった。以降、失速。人差し指の皮が横に裂けそうだったので、断念。

Central Parkの面白いところは、限定課題がたくさんあるところ。ラインでグレードが変わる従来の登り方とは明らかに考え方が違う。「そのラインは登れたからいい。」んじゃなくて、登ったラインでもホールド限定で登るとグレードも違うし、違う技量が必要とされるのがおもしろい。我々にその面白さを伝えているユキさんによるものですがね。

<Red Point>
Fancy Feast V4

<Repeat>
Cat Crack V0
Chess Rock Traverse 往復 V1
Obtuse Arete V1
Felix V2

<Incomplete>
The Dawg V5
Bruce Lee V6



クライミング | 2010/03/27(土) 22:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)
前へ 次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。