プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Akeelah and the BEE
この春、絶対見たい映画があります!

「スペリング・ビー」ってご存知ですか?
アメリカでは全国大会がテレビ中継されるほどの、難しい単語のスペル知識を競い合う大会なんです。
"Akeelah and the BEE"は、ロサンゼルスの黒人地区に住み少女アキーラが「スペリング・ビー」の全国大会を目指す話です。
幼くして父をなくしたアキーラ。アキーラと同年代の娘を亡くしたララビー博士。二人が二人三脚で全国大会を目指すわけです。

こんだけでも、うるうるきちゃう。

アメリカでは、日本以上に教育にお金が掛かります。低所得の家庭に生まれると、大学進学することは極めて困難で、大抵の人がブルーワーカーの仕事についています。低所得層の多い黒人は、十分な教育を受けることが出来ないまま、いつまでも貧困に苦しむという図式になってしまっているんです。

この貧困ループから逃れる方法は?

あります。
スカラーシップ(奨学金)です。

しかし、これまた競争が激しく、スポーツや頭脳に秀でていることが、奨学金を得る可能性を高めてくれるんです。

アキーラにとっての「スペリング・ビー」は、たかが優勝でなく、貧困からの脱出をかけた大会なのです。しかし、大会に出る子供は、皆白人ばかり、、、
アキーラの挑戦を、家族や友達、学校の先生や近所のおじさんが応援していく、、

感動的ですね~
「何とか可能性のある同胞に、貧困から脱出してもらいたい!」そんな思いが人を動かすんでしょうね~


アメリカの見えない現実を直視できる感動作品!
見たら感想UPします。


英語版オフィシャルサイト
http://www.akeelahandthebee.com/splash.html
スポンサーサイト
映画 | 2006/05/04(木) 23:04 | Trackback:(0) | Comments:(2)

世の中にはいろんな大会があるもんだ・・・

リンク先のTOPページに10万ドルって表示があったが。優勝賞金なんでしょうね。すごい・・・

クライミングコンペももっと商品があればいいんだが・・・
2006/05/07 日 16:15:48 | URL | ぼるびっく #-編集

もっとクライミングが知名度あがればね~
駅の遊歩道を壁伝いにトラバースしないと出れなかったりする位、生活に浸透すれば変わるかもね。そしたら、僕らは普通の人になってしまうね(笑)
2006/05/08 月 11:30:27 | URL | ポンするめ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。