プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
クライミングシューズのエッジ
昨日、Yukiさんからクライミングシューズのラバーについて興味深いことを教わりました。
クライミングシューズのラバーは、ゴムで出来ているから踏み込んだり立ち込んだりするとシューズは受けた圧をどこかに逃がそうとします。

例えば、インサイドで岩に沿った薄いホールドに立ちこもうとする時、踏みつけたインサイド側のラバーが、圧で岩側に膨れようとします。この膨れによって、スタンスのポイントからずれてしまい、立ち込めるスタンスにも立ち込めなくなってしまうらしいんのです。

考えてもいなかったけど、ありそうな話。

対処法は、インサイドとアウトサイドのシューズのエッジを丸く削ること。
CP070206-4
ここを丸くするわけです。

素人考えでは、新品の消しゴムの角のようにとがっていた方が立ち込めるような気がしますが、それは結晶に乗るときの話で、インサイドやアウトサイドで結晶に乗ることは、技術的にかなり難しいですよね。
インサイドとアウトサイドの使い方は、点で立つと言うより、面で立つイメージの方が良い。

そう考えると、エッジを丸くして踏みつけた時に、圧で調度いい具合にホールドにマッチすると言う考え方も納得できます。

新品では試せないので、使い古しのシューズで試してみます。
スポンサーサイト
クライミング | 2006/07/04(火) 04:03 | Trackback:(0) | Comments:(2)

特に柔らかいシューズの方が該当する気がします。

ワサビは柔らかいので使い方によって、色々靴が変化するでしょう。

因みにyukiさんてPUMP2号店のyukiさん?

2006/07/04 火 19:12:28 | URL | ぼるびっく #-編集

>ぼるびっくさん
問題のホールドをエッジが使い古して丸まっているマッドロックのフッカーレース試してみましたが、立てませんでした。
記事書いて早々ですが、道具のせいにしちゃダメな気がしました。立てる人は、どんな靴はいても立てるはずだし、、、

Yukiさんは、NYに20年近くいる方なので、まったくの別人です。お年は、50歳くらいの方なんですが、めちゃくちゃ強いですよ~
2006/07/05 水 11:04:32 | URL | ポンするめ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。