プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
セントラルパーク クライミング始め
今日は、セントラルパークでクライミングしてきました。
なんと、もう7月なのに今年始めてになります。

如何に外岩登って無いかってことですね、、、

CP070206-2

岩場から望む、マンハッタンのミッドタウン。ニューヨークの中心の中心でクライミングできるのってすごいロケーションですよね。世界どこ探しても無いかもね。
今日は曇りで湿度も高い。クライミングにはあまり適しないコンディションでした。

一度、手滑らして腰から落ちてしまったし、、、
しかし、セントラルパークのエリアはランディングが最高。ウッドチップまでひいてあるので、ほとんどの人はマット無しで来てます。
ビビリの私は、当然マット持参ですけどね。

今日、半日かけてトライしたのはRat RockのThe Polish Traverse (V5)★★←星2つルート(全世界のクライミングガイドブックには、お勧めルートが★で表現されています。3つが最高。)
CP070206

The Polish Traverse (V5)核心部

昨年最後にトライしたのは、11月。その時は、歯が立たなかったんだけど、「打ち込めば出来る課題だな~」って思ってました。そんなこんなで、再トライするのに、約8ヶ月、、長かった~

課題は、前半部分がパワー系、後半がカチカチ系。当然、後半が核心で、フットホールドが無く、左足は奥にあるアンダーをトーフック、左は傾斜のついた5センチ幅のスローパーにヒールorトーフックを決める。バランスと保持力、そして前半からの疲れを物ともしないパワーも必要とする文字通り★★な課題。

前半は難なくこなせるんですが、後半が難しい!
後半だけ練習して、2回はフィニッシュできたので自信はついたけど、つなげるとパワー不足で、落ちちゃう。。。結局、今日は落とせませんでした。でも、ムーブは出来ているので、次回は必ず落としてやる!

さて、この"The Polish Traverse "ですが、ポーランドのトラバースって意味なんだけど、90年代初頭に、ポーランド人グループがこの課題に連日取り付き、周りの人が登りたいにもかかわらず、課題を他の人に譲る気配が無く、他の人は登るのを当分の間あきらめたいきさつがあったようです。有史以来の初登者は、ナント!!日本人のKomaさんって方。でも、上記の経緯から、"The Polish Traverse "って名前になってしまったらしい。

この話教えてくださったのは、日本人のYukiさんって方。彼はセントラルパークで20年近く登っているセントラルパーククライミングの生き字引みたいな方。

上記の話に付け加えて、Yukiさんから次の話を伺った。
『もともとインディアンの土地を奪い取って(マンハッタンは25ドルでインディアンから買ったってことになってるけどね)、イギリス人がマンハッタンを所有し、その後、アメリカ人が所有したけど、同課題を誰かがとっくに登っているかもしれない。初登者が他にいるかも知れないものに名前をつけたり、その名前にこだわったりするより、同じライン上にあるホールドでもどれとどれを使って完登したかが重要。ホールドに一つづつ番号をつけて、使えるホールド限定で課題にしたほうが意味がある。』

確かに一理ある。
ラインによっては、本来使っちゃいけないんだけどつかって登ってしまったり(本人も周りも気がつかないけど)。初登者の意に介せず、それがスタンダードになったりする。それだったら、ホールドに番号つけちゃえばいいじゃん!ってことよね。
まだまだ、特にアウトドアのロッククライミングは発展途上だから、競技人口が増えてきた次の段階に考えられることなんだそうな~
こんだけキッチリやれば、とある限定課題、身長が170センチ以上の人はV4,170センチ未満の人はV5なんてグレーディングもされるかもね。
それはそれで、面白い。

CP070206-3

セントラルパークの花崗岩はかなり荒いので、指先の皮が大分もってかれた。湿気があって滑りやすかったからしかたないか、、、
しかし、痛い~
スポンサーサイト
クライミング | 2006/07/02(日) 23:58 | Trackback:(0) | Comments:(3)

“セントラルパークの岩場”。写真を見てポンするめさんが言ってた場所がようやく分かりました。公園から入ってすぐのところですね。8年もこっちにいるのに知らなかった! (驚) それにしても、今日はこの暑さの中で元気に登っていたんですね。手が痛そう、、、。
2006/07/03 月 01:33:21 | URL | kayo #-編集

微妙なかぶり具合が難しそう。
2006/07/03 月 10:59:28 | URL | ぼるびっく #-編集

>kayoさん
そうそう、新しく出来たplaygroundの側です。チョークがベッタリ付いているのですぐに分かりますよ^^このエリアは、木陰になっていて夏場は涼しいんですよ。冬は寒くて登れないんですけどね。

>ぼるびっくさん
そうね、微妙な薄かぶりだからV5なんですわ。いい課題だよ~
2006/07/03 月 13:32:12 | URL | ポンするめ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。