プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Ramapo Rally
8月16日にKと参加してきました。
Bicycle Touring Club of New Jersey(BTCNJ)主催の大会です。
62マイルコースにエントリーし、ペースメーカーと一緒に7時20分頃出発。ペースはゆっくりだったものの、折角グループに混ざったので我慢して暫く走る。一つ目の難所の坂が15マイル地点にあり、只でさえ遅いペースがジョギングペースにまで落ちる。しかも、ペースメーカーが息も絶え絶えで坂を登っているところをみて、離脱を決意。次の坂からマイペースで走ることにした。

一人で走り出して10マイルほど走った頃だろうか、いつもよりアンダーステア気味になるバイクの状態に気付く。原因はフロントタイヤの空気漏れでした。パンクなのか、空気漏れなのかハッキリしなかったので、ボンベで空気補給。
しかし、さらに10マイル走るとスピードをだして曲がることが出来なくなるまで悪化。やむなく、チューブを交換することにした。
このチューブ交換が何でした。タイヤとリムがうまくはまっていなかったみたいで、空気を入れるときに出来た隙間からチューブが風船ガムのように膨らんで、、爆発!!
こんなミスで、1つしかないチューブとボンベを無駄にしてしまいました。

25マイルエントリーのKはゴールしていそうな時間だったので、「リタイヤするので、車で迎えに来て欲しい」と伝える。が、大会側からレスキューが出るとのことなので、待つことにした。
30分と言う話だったが、時間通りに来ることは期待せず待った。
1時間しても来ない。さすがに電話。他にもアクシデント続出で、大会側がテンパッているらしい。「手配しているから、もうちょっと待って」とのことなので、もう1時間待ってみたが、やはりレスキューは来ず。この時点で、Kに迎えに来てもらうことにした。最初の電話から、ピックアップしてもらうまでに3時間かかった。
レスキューを待つ間、たくさんの人に声をかけられましたがレスキューを呼んでいる手前、参加者からチューブとボンベをもらうことは避けてきました。パンクを修理し、他の参加者をパンク後のリスクにさらす事や、そうなった場合に大会を楽しむことが出来なくなるのがどうしてもいやだったんですよね。
車で通りかかった方が、わざわざ家からチューブを取って持ってきてくれたりしましたが、なんと空気入れを持ってらっしゃらなかったため、気持ちだけ頂くことにしました。

ロードバイクは舗装路を走る乗り物なので、本当にどうしようもない状況になったら、通りがかりの車や民家に助けを求めればいいのですが、自分で何とかなるトラブルが曲者です。
せめて、チューブは2セット持っていないといけないのかも知れません。
あと、タイヤのチェックも怠っちゃいけないんですよね。タイヤに、とがった石の欠片がめり込んでたりするので、これらは毎回の乗車後に取り除かないといけません。
何事も経験ですね。


スポンサーサイト

ロードバイク | 2009/08/19(水) 15:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。