プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Five Boro Bike Tour 2009
5月3日、ファイブボローバイクツアーに参加してきました。
当日の予報は雨でしたが、楽しみにしていた大会だったので出場することにしました。

シャカリキさんのアドバイスより、帰りのスタテン島フェリーが激混みするとのことで、フィニッシュ地点のスタテン島フェリー乗場まで車で行くことにしました。
フェリーは1時間に1本しか運航していないので、7時のフェリーに間に合うように5時30分に家を出発。

FBBT0509
写真は移動中のフェリー内部。普段は車が載るとこでしょうか。

7時30分にバッテリーパークに到着、7時45分にはスタートラインに着きました。

FBBT0509-2

驚いたのは、「雨の予報」+「豚インフル」とマイナス要素がたくさんあるのに、参加を見送った人がほとんどいなそうなとこ。日本だったら、運営側が大会中止にしてもおかしくない状況ですよね。
スタートは8時なので、せっかちなバイカーは歩道を前に前に進もうとします。が、8時になってもいっこうに前に進む気配がない。自分がスタートラインからどのくらい離れた場所にいるか分からなかったので、のんびり待つことに。

FBBT0509-3

結局、列が動き出したのが9時10分頃。スタートラインを切れたのが9時20分頃でした。

FBBT0509-4

セントラルパークまでは、6th Av.を北上。途中、歩行者が通るたびに停止。セントラルパークに入るとちょっとした坂のたびに停止。
運営サイドも下り坂の前には必ず人がいて、スピードダウンをしきりに呼びかけていた。でも、起きるときは起きちゃうんですよね。公園北にあるプール脇の下りでは、女性が落車して泣き叫んでた。

セントラルパークを抜けてハーレムを北上し、Bronxへ。快適に走れるのかな~と思うと必ず何らかの理由で止まるので、イライラは募るばかり。
コースは42マイルってことなので、3時間位で走りきれると読んでいたんですが、最初のトイレ休憩をとった20マイル過ぎのCon Edison Learing Centerで、すでにスタートから4時間以上たっていました。体はまったく疲れていませんでしたが、進行スピードの遅さからなんどリタイヤを考えたことか。。しかし、車をゴール付近に止めてしまったので、それだけが気持ちを切らさないための要素でした。

トイレ休憩からは、様相が一変。坂の前では相変わらずストップするものの、それ以外では流れ始めました。残り20マイルも3時間ほどかかってしまうんじゃないかと思ってましたが、2時間掛からず走りきることが出来ました。
心拍が150bpmを越える状態がしばし続きましたが、傾斜が急ではなかったせいか、ケイダンスを維持しきれないほどの苦しさは無かった。終盤の約10マイルは一台も抜かれることなくゴール。

3万人と言う人数を安全に走らせるために、ペースを抑えるのは仕方ないのでしょうね。
雨にも関わらず、身体を震わせながらボランティアされている方達には、敬服しました。危険箇所の前には必ずスタッフがおり注意喚起していましたが、落車する人がいるんですよね。途中、レジャーシートで囲いをしている事故もありました。
参加費用が50ドルだったんですが、大会側のバイカーやボランティアへの配慮、イベントスペースの充実は、参加費用が約200ドル掛かるNYCマラソンに比べてまさに費用のごとく4倍違うものに感じました。
大会に掛ける意気込みも、NYCマラソンとは大違いでしたね。ま、レースでないから当たり前なのかもしれませんが。
また、事故を減らす意味でも、ゆっくり走る人は右側、追い抜く人は必ず左側から追い抜くなどのルールを徹底すべきだと思いますね。ランニングと違って、すぐには止まれない訳ですから。

40マイルって距離は初めてだったので、楽しめる部分はあったけど、ノロノロや度重なる渋滞には痺れました。
同じメジャー大会なら、NYCマラソンが断然おすすめですね。

それと周りのバイカーが乗っていたバイクについて。
圧倒的にTrekが多かったです。レンタルバイクはTrekしか見ませんでした。
ロードバイクはCannondaleやSpecializedをよく見かけました。Trekのロードバイクは一台も見ませんでした。スタートが後方だったので、前方に行くとお金を掛けたロードバイクがゴロゴロしていたのでしょうか?


スポンサーサイト

ロードバイク | 2009/05/04(月) 17:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。