プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
Lincoln Woods
8月2日、ロードアイランド州のLincoln Woodsにボルダリングをしに行きました。
リンカーンウッズは始めていくエリアで、NY滞在中のN君に誘われてくっついていきました。N君を誘ったのがマンハッタンプラザのクライマーさん方で、中には噂を聞いたことのある日本人小学生クライマーのAちゃんも居ました。

待ち合わせ時間より早く来てしまったので、N君とエリアを散策。クラシック課題のあるTry Again Boulderへ行くことにしました。
Lincoln Woods 080208-2
リンカーンウッズは岩がシャープだと聞いていたのですが、アップで登ったunnamed V0は、普通の花崗岩の感触。次のBlow up V2も感触はシャープでない。けど、左足の乗り込み課題でうまく乗り込めず敗退。
集合時間までに時間が限られていたので、有名課題Try Again V5に挑戦。
Lincoln Woods 080208-3
真ん中のカチから左上のガバカチへダイノする課題です。N君はさっさと登ってしまう。取り付くものの、外でダイノするのはホントに久しぶり。ただでさえビビリなのに、完全に腰が引けてました。ランディングもいいのですが、なぜか思い切れず敗退。でも、一回ごとに飛距離も伸びていたので、自信を持って飛べば出来そうな気がしました。ここで、指皮がどんどんなくなっていくことに気づく。
Lincoln Woods 080208-4
続いて、Pets's Problem V5にも取り付く。下部のトラバースは程なく出来ましたが、核心ムーブがどうしても出来ない。右手でギャストンして左手の左にあるカチにヒールを載せて左をクロスして遠いカチを取ります。ムーブは分かるのですが、ヒールが高い位置にあって怖かったのと、腰が重くてムーブをこなせず。朝一だったし、登りやすいクラシック課題をたくさん登りたかったので、早々に退散。

で、Wave Boulderへ移動。
Lincoln Woods 080208-5
左隅からリップを伝って右にトラバースする課題The Wave V2に取り付きました。課題は満遍なく難度のムーブが続くし、それに長い!登った頃にはパンプしちゃいました。簡単そうだったので、写真中央にある縦クラックから右上に直上するSit to Wave Crack V3にも触る。The Waveより簡単でしたね。
この時点で既に2時間経過。ようやく、マンハッタンプラザの皆さんと合流できました。

合流後、Mack's Traverse Wallへ。
ここでは、有名課題Mack's Traverse V2をやる。スタンスが小さかったので、力でねじ伏せてしまいました。

Lincoln Woods 080208
丁度お昼時だったので、スナックを食べているとお隣のWarmup Cave Wallがとってもにぎやか。
皆、V4の課題をセッションしている様子。人が多すぎて触る気がしなかったので、同じ岩のちょっとはなれた課題Cave Overhang V4に取り付くき、3撃。よーくオブザベしておけばフラッシュ出来たっぽかったですが、まV4なので、こだわらず。

同じエリアにあるIron Cross WallのIron Cross V4に取り付く。岩はトゲトゲで痛いし、ムーブは遠いしパワーもいるし、結局全ムーブ作れず完全敗退。力及ばずって感じです。

促されるままPond Caveへ。
Lincoln Woods 080208-6
ここにはクラシック課題のLeap Frog V7があり、dabtronics.comの面々が飛びまくっていました。メンバーの一人にポール・ロビンソンと3週間のツアーにしに行く強いクライマーもいたようです。
ここでは、女性陣が取り付いていたThe Pond Cave Traverse V4に触ってみる。で、フラッシュしました。体感がV2だったので、間違っているかもしれません。でも、トポには限定などが書かれていないので、よしとしておきます。
V4を登りきる頃から、雨がポツポツしだして次第に大粒になってきました。上の写真では既に染み出ししてきてしまってますね。
何もしないのもなんなので、N君が取り付いていたWho needs Hueco V8に触ってみました。ルーフからリップ上にあるガバを掴むムーブが出来ず敗退。でも、可能性を感じましたね。

雨が止む気配が無かったので、切り上げることにしました。本当はキャンプの予定でしたが、雨の中キャンプをするのも嫌なので、翌日は雨が早めにあがっているペンシルバニア州のエリアに行くことを決めました。

登ってみると指皮はボロボロ、左手中指はあと一枚向けていたら血が出ているところでした。
Lincoln Woods 080208-7
最後に、太り具合が分かる写真をお送りします。手首の余し皮がやばいです。さっさと痩せないといけませんね。


<On-site>
Unnamed V0
The Wave V2 ★★★
Mack's Traverse V2 ★★★
Sit to Wave Crack V3 ★★★

<Flash>
The Pond Cave Traverse V4 ★★

<Red Point>
Cave Overhang V4 ★★

<Incomplete>
Blow up V2
Iron Cross V4 ★★
Try Again V5 ★★★
Pete's Problem V5 ★★★
Who needs Hueco V8 ★★★

スポンサーサイト

クライミング | 2008/08/05(火) 13:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。