プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ビショップ/ヨセミテ クライミングツアー Bishop Buttermilk編
5月24、25日とButtermilkのメインボルダーエリアに行ってきました。
Buttermilkには、他にもエリアはあるのですが広すぎたので、結局いけたのはメインエリアのみ。

岩質は花崗岩。だけど、エリア名がButtermilkなだけに、滑らかな花崗岩なんですよ。奈良の御手洗ほどツルツルじゃないけどね。

ButterMilk07-8

とにかく、雄大なボルダー天国を訪れるだけでも価値があります。

24日、エリアに入り車を停車させるとあからさまにでかい岩が僕らを迎えてくれました。
ButterMilk07

ジェイソン・キール初登のEvilution V12 ★★★を有するGrandpa Peabodyです。でかさに圧倒。課題に触ってみましたが、出だしの右手カチが小さい!登っている人が居たら、とにかく目立つロケーションなのでかっこいいだろうな~

Green Wall BoulderにあるV0でアップし、無事降りてからちょっとした傾斜を登ろうと右足を踏ん張った時に、右足を曲げすぎて激痛が走る。。直ってきたと思って油断するとこれだからね。。以後、立ち込み系の課題は控えることにしました。
ButterMilk07-3

とはいえ、折角きたので痛みが引いてから、Green Wall Essential V2 ★★★トライ。モチも低かったのであっさりリタイア。

皆ほどよく登った後、Sunshin Boulderへ移動。
ButterMilk07-13

ここでも三ツ星課題のGood Morning Sunshine V1 ★★★にトライ。まだ楽に降りれるところで、怖いのと足首の不安が拭いきれなかったので断念。Gは見事にフラッシュ。

そして今回の目的の一つであるThe Mandala V12 ★★★見学へ。
ButterMilk07-4

Evilution同様、スタートの位置が高いし、一手目の右手カチが極薄なので見るだけにしておきました。これも登れたらかっこいい課題だな~
同岩にて、Pop's Prow V6 ★★★に触ってみた。出だしが、右足を超ハイステップし立ち込むため、2,3度のトライで断念。

課題にさっさと見切りをつけ、Drifter BoulderのHigh Plains Drifter V7 ★★★へ。
ButterMilk07-5

ButterMilk07-6

ムーブは難しくないし得意系だったけど、体がついていかない。明らかにパワー不足でした。結構力を使うので、痛めていた腕の筋肉が再び軽く痙攣してました。パワー系も全力を出しきれないし、立ち込みにも自信が無い。。八方下がりでしたよ。(泣)それでも、この日は一番打ち込んだ課題だったかな。

更にエリア奥地にあるSaigon Boulderへ。
ここではSaigon V6 ★★★に挑戦。最初のトライで核心まで到達。そこからのムーブを考えてなかったので降りた。トライしたのはこの1回だけ。直射日光があたりとにかく暑かった。。
このボルダーに着いた時点で、皆暑さでノックアウト寸前。この日は早々に切り上げることにした。

帰りがけ、GがThe Hunk V2 ★★★を見事オンサイト。またしてもハイボールをゲット。怖くてとても真似できません。
ButterMilk07-14


この日はアップのV0しか登れていなかったので、GrandpaにあったCave Problem V4 ★★を最後に登らせてもらった。見た感じすぐに登れそうな課題だったので、是非やってみたかった課題。


オンサイトトライ時に右足を滑らせて落ちてしまったけど、2回目のトライでレッドポイント。今回の体調に合った課題だったかな。

翌日の25日も、同エリアを訪問。この日はメインエリアの奥側に行ってみた。
まずは、パーキング近くのBirthday Boulderにて、Birthday Left V0 ★★★The Prow V2 ★(写真)でアップ。
ButterMilk07-15

この岩では他に、Birthday Direct V3 ★★★Birthday Skyline V3 ★★★にトライ。Birthday Skylineは岩が保持しきれず前に進まず。写真はBirthday Directトライ中のたまりっひさん
ButterMilk07-16

このボルダーでかなり時間を使ったので、移動する頃には日向で登るのがしんどいほどの気温になっていた。

次なる移動先は、Iron Man Boulder。このツアーでの本命課題Iron Man Traverse V4 ★★★にいよいよ挑戦。
ButterMilk07-9

トポには、"The ultra-classic traverse is a world class favorite ..."とある世界のメジャールート。ネットのエリア説明でも名前が出てくるほどの課題。かぶった岩の真ん中に綺麗にホールドがあり、ゴールにむけてそのホールドは細くなり足場も無くなる。そしてきちんとトップアウトも出来る。ボルダリングの課題としてパーフェクトな課題だ。
ButterMilk07-10

初めてのトライで最後のリップを掴む手前のカチで一旦落ちる。出来れば最終前のカチは小さいので使いたくなかったけど、使うかどうか見極めることが出来た。そこで2回目のトライ。このツアーで一番集中した登りが出来たと思う。


リップを掴めば終わりと思い込んでいて、最後のムーブまできちんとオブザベしていなかったのが敗因。脇が甘いな~
結局、6回目のトライでレッドポイント。さすがに疲れた。久しぶりに登れてうれしい課題だったな。これで、世界の何処へ行っても証明できるV4クライマーになれました。
この日は暑かったので、暑い時間のクライミングを避けるために昼食は町でメキシカンを取りました。ここで飲んだマルガリータは美味しかったな~

そしてこの日の第2部。
Tut BoulderのKing Tut V3 ★★★Funky Tut V3 ★★★にトライ。何れも立ち込み系の課題だったけど、手数が少ないし、落ちれる高さだったのでトライ。
ButterMilk07-11

ButterMilk07-17

皆で登りましたが、ムーブが見つけられず敗退。

既にだれだれムードになっていましたが、V5を登ってみたかった私はGが勧めるFly Boy Arete V5 ★★へ。試行錯誤しながらムーブを作っていったけど、核心手前のホールドが取りに行けず敗退。フレッシュな時だったら出来そうな課題だから、またやってみたい課題ですね。


世界に名だたるBishopのButtermilk メインエリアだけあって、2日かけてもざっとまわるくらいしか出来なかった。来る前にGから、「ボルダー天国」と聞かされていたけど、正にそうだと思う。うれしいのは、V0からV12までのクラシックルートがゴロゴロあること。登れなくても、見ているだけで楽しかったですね。今回は暑いのが玉に瑕だったけど、今度は涼しい時期に来てみたいな。

このエリアでの成果
<オンサイト>
Green Wall Unnamed V0

<フラッシュ>
なし

<レッドポイント>
Iron Man Boulder V4 ★★★ 6撃
Cave Problem V4 ★★ 2撃
The Prow V2 ★ 2撃(トップアウトせず)
Birthday Left V0 ★★★ 2撃 (トップアウトせず)

<宿題課題>
High Plains Drifter V7 ★★★
Saigon V6 ★★★
Pope's Prow V6 ★★★
Fly Boy Arete V5 ★★
King Tut V3 ★★★
Funky Tut V3 ★★★
Birthday Direct V3 ★★★
Birthday Skyline V3 ★★★
Green Wall Essential V2 ★★★
Good Mornig Sunshine V1 ★★★

最後に、岩場の写真を少々。
ButterMilk07-12

ButterMilk07-7

ButterMilk07-2

スポンサーサイト
クライミング | 2007/06/08(金) 07:01 | Trackback:(0) | Comments:(2)

雄大な景色ですね~。さすがアメリカ西部!って感じです。登り手たちの熱気も伝わってきます。ハイボールは、、、みなさん、なんて高さまで登っているんでしょうか。しかもハーネスなしで。。。高所恐怖症の私は綱なしではできません。撮影はPさんでしょうか?  アングルがナイスですね。
2007/06/07 木 23:43:55 | URL | kayo ogawa #-編集

>Kayoさん
写真で伝えきれていないと思いますが、そこらじゅうボルダーだらけ。何でこんな砂漠地帯に、こんな巨石がゴロゴロしているの?って景色です。次ぎ行く時は、一緒に行きましょう。
撮影はPさんとたまりっひさん両方です。今回は二人の撮影に感謝。Gと私はほとんど何もしませんでした。
2007/06/08 金 10:59:51 | URL | ポンするめ #rcJfonXA編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。