プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
東京マラソン 2007
2月18日、東京マラソンにて沿道で応援してきました。
出場のチャンスもあったのですが、右ひざの故障からあえなく断念。
マラソンの観戦はこれで3度目。
1度目は母校が箱根駅伝に出場し、在学中に総合優勝した時。テレビで見ていたのですが、居ても立ってもいれなくなって沿道まで応援しに行ったんですよね。なつかし~
2度目は、2005年のNYCマラソン。コロンバスサークルからゴールへの直線で観戦。これがきっかけで、ランニング復帰してます。
3度目の今回は何があるのやら、、、

東京マラソン2007


まずはEXPOから。
東京マラソン2007EXPO

ゲートの出来は上々では!?

東京マラソン2007EXPO-2

東京オリンピックの聖火のトーチらしいです。本物だと言っていましたが、なんと、触らせてくれました。ホントに本物だったのだろうか、、

東京マラソン2007EXPO-3

台東区のブースにて。海外エントリーの方がそばに居なくて残念。

東京マラソン2007EXPO-4

EXPO前景。東京ドーム内ってことでかなりスカスカ感を感じます。今回残念だったのは、ブースにいる方たちの熱気が無かったこと。NYCマラソンの時は、ブースにいる方達もお祭りムードで、会場が盛り上がっていたような気がします。行った時間帯が悪かったのでしょうか。


いよいよレース当日。
当日は3kmと38km地点で応援。

東京マラソン2007-2

3km地点、トップ集団。やっぱり走りが一味違います。

東京マラソン2007-3

その後、続々とランナーの洪水が、、

東京マラソン2007-4

続いて、38km地点。江東区役所の方たちでしょうか。以前、23区のどこかが、区のPRのためにこんなかっこうしたPV作ってましたけど、江東区でしたっけ!?

東京マラソン2007-5

今回、応援をご一緒させていただいたチームベジーの皆様。皆さん、応援に熱が入ってました。雨の中、ホントにお疲れ様でした。

東京マラソン2007-7

沿道にも応援はかなりの人数の方が居ました。

東京マラソン2007-8

給食のボランティアは大人気。レース終盤、私も持っている食べ物をすべてランナーさんに配ったのですが、ランナーさんとの距離が無くなり、それぞれのランナーさんのレースに対する気持ちが汲み取れたような気がしてレースとの一体感をより感じました。

東京マラソン2007-9

最終ランナー。後ろには収容のバスがのろのろと続き、直ぐ背後には運営の自転車が続きます。ある意味トップランナー並みの、すごいプレッシャーですよね。目はしっかりゴールを向いているようで、とても印象的でした。

印象的と言えば、今回は知っている方達が走られているレースということで、皆さんを探すのも楽しみの一つでした。
まっちさん、京丸さん、みんみんさん、blue3さんは探せたのですが、けに~さん、ニャーママさんは見つけられずでした。残念。
声援を送れた方たちからは、それぞれ違ったリアクションを頂きました。笑顔のまっちさん、サブ3ながら余裕の反応のblue3さん、苦しさを体全体から出されていた京丸さん、そして、今回一番印象的だったみんみんさん。38km地点でお会いした時は、いろいろな感情がこみ上げてきたのか目には光るものが見えました。直ぐに通り過ぎてしまったので、追いかけて給食を勧めると、より涙の複雑な感情が汲み取れた気がしました。その後、打ち上げでの決意表明も、そんな出来事があったあとなので、私にとってはとても感動的でした。

いつも走っている側からのマラソンばかりを見てきましたが、見守る方も趣がありますね。
東京マラソンから10日以上経過し思うのは、沿道で自分が受けたような感動を、自分が走るときに沿道に振りまきたいってこと。
そのためには、自分が自分らしくレースをすること。結果はどうあれ、それが一番大切な気がします。
スポンサーサイト
マラソン | 2007/02/27(火) 08:15 | Trackback:(0) | Comments:(6)

応援、お疲れさまでした!

走り去るランナーを見つけるのは至難の業ですよね~。NYCマラソンと違って、東京マラソンのランナーはほぼ全員アジア人だし…
私の夫は、3か所で応援したのに、私を見つけられたのはたったの1回で、かなりへこんでました(笑)

打ち上げの時に、途切れることのない沿道の応援に私が感動していたら、小出道場3期生の酒井さんに「NYCマラソンの応援の方が全然すごいよ!」と言われ、ますますNYCマラソンで走ってみたくなりました。まずは抽選に当たらねば!
2007/03/01 木 16:16:11 | URL | ニャーママ #-編集

>ニャーママさん
そうなんです。遠くから見ていないとなかなか見つけられませんよね。旦那さんのために、次回は着ぐるみなど如何ですか?(笑)

かずきさんご存知なんですね。私も、NYCマラソンの前夜祭にご一緒しました。かずきさんは、腕に名前を書いたお陰で、名前を連呼されたようですよ。次回は私も真似する予定。NYCでは私はなぜか、『Tokyo!』ってよく言われました。とりあえず、日本人だって分かってもらえたようです。
2007/03/01 木 18:55:58 | URL | ポンするめ #rcJfonXA編集

応援お疲れさまでした♪
あの日の寒さがウソのようにこちらはすっかり暖かくなりましたよ~
38km地点では休み休み応援すると思っていたけど、結局トップランナーから最終ランナーまでみっちり応援しちゃいましたね。
東京マラソン後、1週間くらいはランナーのみなさんの残像が頭から消えなくて大変でしたっ!!
2007/03/02 金 10:17:06 | URL | Do #S18KH9Rs編集

>Doさん
応援お疲れ様でした。
日本は記録史上1位の暖冬らしいですね。それでいて、花粉が少ないのは御の字ですよね。

私も4時間に渡り、応援し続けるとは思いませんでしたよ。次回応援のチャンスがあったら、給食お勧めですよ。手と手を触れ合わせたり、そばで声をかけたりかけられたりするだけで印象が大分と変わりますよ。
2007/03/02 金 11:42:47 | URL | ポンするめ #rcJfonXA編集

ポンするめさん
なんだか、恥ずかしい思いでいっぱいです。

応援をして貰う、嬉しさ!ありがたさ!は初めての経験でした。
それと同時に、満足がいかないレースがこんなに悔しいものだと始めて知りました。
今年のNYCでは、ちゃんと笑顔で打上に参加しますからね!

それと、いつか、知人友人のレース応援したいと思うようになりました。

お会いしたときは、あまりにものレース結果に、へこんでましたが、今では、意義深い東京マラソンでもあったな。と思ってます。

また、11月NYでお会いできることを楽しみにしています。
2007/03/05 月 04:16:15 | URL | みんみん #-編集

>みんみんさん

打上での感想には、ジーンときました。
必ず有限実行してくださいね!あの意気込みだったら、出来ますよ!

NYCの打上で美味しいお酒を飲むのを楽しみにしています。
2007/03/05 月 08:43:12 | URL | ポンするめ #rcJfonXA編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。