プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
いよいよ復活!?
久しぶりの更新になります。
ブログ越しの知り合いの方は、あけましておめでとうございます。

さて、12月から何かと忙しかったのと、右膝を故障してしまっていたので、クライミングもランニングもほとんど出来ず、悶々としておりましたし、大分と太りました。。膝は少しずつ回復している感じで、ようやく復帰できる感じです。

今回は、膝の故障状況と故障の原因、その対策についてお話します。
NYCマラソン後、右膝の曲りが悪かったものの左足の腸脛靭帯炎の痛みの方が大きく、それほど気にしていませんでした。この時は、腫れは全くありませんでした。程なく、膝は深く曲がるようになり、ゆっくりランニングとクライミングを再開。
再開後、間もなく右膝が腫れ、再び膝が曲がらなくなりました。見た目で直ぐ分かるくらい腫れていたのでちょっとビックリ。でも、しっかり休めば腫れはひくと判断し、数日完全休養すると予想通り腫れはひき、日に日に足も深く曲がるようになりました。

2度あることは3度あるとよく言われますので、慎重に運動再開したものの、やっぱり3度あるんですね。。

クライミングジムに行った翌日から膝が歩行困難なほど再び腫れだしてしまいました。膝を見れば、普通ではないことが誰にでも分かるほどの腫れ具合にビックリ。
足121406

足121406-2

右膝周りが大きくなっています。。。写真は12月14日の膝。
この足を見て、同僚の紹介で足の専門医に診てもらうことを決意。検査の結果、骨には異常が無く、膝の筋が腫れていて熱を持っており、その熱を冷やすために、膝に水が溜まり、膝が膨らみ足が曲がらなくなっていたようです。
よく膝に水が溜まるっていいますけど、本当は水ではなく、たんぱく質の液体だそうです。膝に液体が溜まるのは、熱がこもり、問題が起き易い膝を冷やすために8つの液体を入れる袋があり、それらの袋に冷却のための液体が溜まるようです。私のように炎症が酷くなると、もっと冷やそうとして腫れるわけですね。かなり納得です。

治療としては、注射で膝内の浸透圧を変え液体を袋から出すこと。筋の炎症を抑えること。炎症への飲み薬として、イブプロフェンを処方されましたが、効果のほどは不明。でも、注射の効き目は、ものすごかったです。注射してすぐ、腫れていた足がみるみる細くなるのには、目がまん丸になりました。

先生曰、腸脛靭帯炎や膝痛の原因は、足裏の歪みによるものだと指摘されました。足を平行に立つと、右肩が上がり、左胸が前に出て、左腰も前に出て、右足が前に出ているようです。体がねじれているんですね。それらのねじれをまっすぐ保つために、足が歪んでしまっているようです。私の足裏は、縦のアーチ(俗に言うアーチ)はあるものの、横のアーチ(指の付け根辺りに本来はあるそうです。)が全く無いので、このアーチを作る工夫が必要とのこと。そこで教わったのが下記のテーピング。
足121906

足121906-2

初めてしてもらった時は、あまりの違和感にとても歩きづらかったのですが、歩いてみると親指方向に足が抜けていく感じがしました。
以前、シューズマスターの野村さんに指摘された、強い足の外側の筋肉を使っている癖を直す効果的な方法のような気がしています。問題は、テープなので、テープのアレルギーが2ヶ月ほどで出てしまうこと。それまでに、効果を実感できるとよいのですが、、
テープのお陰か、今まで使っていなかった脚の内側を使って歩く感覚がつかめてきています。現に、1月7日に出場した5マイルのレースでは、見事に足の内側が筋肉痛になりました。ちなみに、走れないので歩きとおしました。

NYCマラソンより、2ヶ月以上。そろそろ、本当の復帰がしたいところです。


ブログをご覧頂いている皆様、
今年もお互い自分の殻が破れるように地道に努力していきましょう!
今年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
マラソン | 2007/01/12(金) 12:42 | Trackback:(0) | Comments:(9)

あけましておめでとうございます。
しばらく更新されてなかったので心配してました。
膝のほうが大変なことになってたんですね。しっかり治して完全復活待ってます。
私も新しい目標に向って頑張っていきます。今年もよろしくお願いします。
2007/01/12 金 09:05:29 | URL | hisa #tQ725RIE編集

>hisaさん
あけましておめでとうございます。
怪我の直りが遅いので、先生に聞いてみると「年のせいだろう」と言われました。そんな気もしています。今は、怪我を直さないと先が見えないので、まずは完治を目指します。
今年もよろしく!
2007/01/12 金 15:29:58 | URL | ポンするめ #-編集

明けましておめでとうございます!

写真と記事を見て、人間の自然治癒しようとする身体の仕組みに、ほぉ~っ、と感心してしまいました。このテーピングで、歪みが改善されて、根本的な問題が解消するといいですね!
2007/01/12 金 17:44:36 | URL | ニャーママ #-編集

>ニャーママさん
あけましておめでとうございます。

神経質になり過ぎなのかもしれませんが、いろいろと対策を練ってみてどう体に変化が出るか興味があるので続けています。今していることが、5年後、10年後に効果が出てくれば良いと思っています。
2007/01/13 土 09:14:21 | URL | ポンするめ #-編集

先日私のブログにコメントを頂いたのでそろそろご復帰かなとやってきました。

お膝大変なことになっていたのですね。ですが、専門医のお話はとてもわかりやすく納得です。良い先生に出会えてよかったですね。早いとこ歪みが直ってランに復帰できるよう願っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!
2007/01/15 月 05:17:29 | URL | 京丸 #CjlWd7YA編集

復活間近ですな。おめでとう。

こちらはダメですな。
とりあえず帰国までに直しときます。
2007/01/15 月 10:44:03 | URL | ぼるびっく #-編集

>京丸さん
診ていただいている先生は、質問には何でも理解するまで答えてくれるので、とても参考になりました。
体の歪みは、長い時間をかけてゆっくり直していくべき物だと思いますので、焦らずジックリ直して行きたいです。

今年もよろしくお願いします。


>ぼるびっくさん
昨日、クライミングジムで登ってきました。V4一撃出来たので、力は思いのほか落ちていないのかもしれません。でも、筋肉は退化しているので、体がプルプルいってましたよ。

当然、今日は筋肉痛です。
2007/01/15 月 14:06:00 | URL | ポンするめ #-編集

もうすぐ復活と聞いて、一安心です。
写真で見ると、びっくりするくらい腫れてますね。大変でしたね。
でも体は、必ず少しずつ良くなるものですから、安心して、体に時間を与えてあげてくださいね。

2007/01/15 月 19:57:14 | URL | みんみん #-編集

>みんみんさん
膝が曲がらなくなったのは、生涯2度目です。一度目は、10年前。その頃と比べて、直りが悪いですね~先生からは年のせいと言われてしまいました。。
2007/01/15 月 20:51:25 | URL | ポンするめ #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。