プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ステム交換
と言っても、既存のものを反対につけただけですが。。
どうしても右肩の痛みが取れないので、折れてしまったスポークを純正品に変えてもらいに行くついでにバイク屋で相談。肩が詰まってしまっているから、肩がこるんだととのことで、ステムを上向きから写真のような下向きに変更。

091709

「見た目にもぜんぜん良くなった!」っと乗車姿勢を見て、バイク屋のお兄ちゃん。
帰宅後、アパートの駐車場を走ってみたけど、走りやすい気がした。
こんなちょっとしたことで変わるんですね。
とりあえず、週末走ってみて様子見やな。


スポンサーサイト
ロードバイク | 2009/09/18(金) 11:32 | Trackback:(0) | Comments:(1)
NYC Century 2009
9月13日(日)、Kと参加。
ロードバイクに乗り出した4月から、Century(100マイル)走るならこの大会と決めていました。
当日は、4時起き、5時出発。自走してスタート地点まで行くつもりでしたが、GWBが徒歩・自転車で渡れるのが午前6時から午前12時までと、スタートの6時に間に合わないので、しょうがなく車で移動。

セントラルパーク(110th St.)には5時40分位に到着。ゼッケンを受取っていない人(登録が遅かった人)の長蛇の列を横目でみながら、スタートラインにつく。スタートラインから15mほどの場所にcue sheetが置いてありハンドルにつける。cue sheetは両面印刷で3ページ。コース上にあるバイク屋の情報も書いてあるシッカリした内容のものでした。
スタート待ちしていると、目の前のおじさんが話しかけてきた。何度目かの参加らしく、100マイルは初挑戦とのこと。聞けば、家が100mの距離のご近所さん。世の中狭いもんです。

55マイルを走るKと別れて、程なくスタート。
スタートは集団の中からのスタートなので、ほとんどcue sheetを見ず。Hudson River方面に向かい11th Av.を南下、途中で東に向かい、Brooklyn Bridgeを渡る。ボーっと走っているといつの間にか第一休憩所に到着。補給は各所ほぼ一緒。

NYCC09

第二・三休憩所区間が高速区間とみた通りペースがあがる。大西洋沿いをのんびりと走る。

NYCC09-2

休憩所が丁度良い距離にあったので、肩が痛くなる前に休みが取れたのが良かった。
他所からの参加者のためか、見所をシッカリ抑えたコースになっていた。

NYCC09-4

NYCC09-3

当日は、USオープンテニスの女子決勝が行われていた。時間前だけに人は居ませんでしたが。
アストリアの休憩所では、35、55、75、100マイルの参加者が集結。
このイベントのいいところは、各休憩所が各コースとリンクされており、予定を変更してコースを伸ばしたり、短縮したり出来るところでしょうか。

NYCC09-5

トライボローブリッジには階段セクションがあり、渋滞。
橋の下にサッカー場があり、のんびりサッカーを眺めながら渡る。

橋を渡ると残り20マイル程だったろうか。
上の写真に載っている黄色いバンダナのおじさんが、笛を持っていて交差点ごとに吹くもんだから、車が止まってくれてとっても便利。おじさんの周りに、当然集団が出来る。
ところが、このおじさん。最後の休憩所前で謎の落車。路面が濡れていた場所なので、落ち葉か枯れ木で滑ったのでしょう。
そういえば、今回はもう1件アクシデントをみました。10人くらいのグループが道路の脇に寄っていたので、何事かみてみると、一人は額から血を流している。。
素人が参加する大会なので、実力以上の走りをしていそうな人や危なそうな人の周辺では走らない方がいいってことですね。

笛おじさんは脱落してしまったものの、10名程のグループで交差点の車を止めながら進む。
スタートから約8時間でゴール。Kには、休憩1時間、走行7時間と話して待合わせしていたんですが、ピタリあった。

コースは坂はあるものの、Bike 9のようにダラーと続く坂が無いので、非常に快適に走れた。しかし、路面状況が悪い箇所があり、信号のある街中の走行は注意を要した。マラソンをしていた時期に行った各ボローのハーフマラソンで走ったコースが随所に使われており、懐かしい気分なれた。
コース上には至るところにマークがつけられており、cue sheetをほとんどみることなくゴールすることが出来た。さすが、TA主催の大会だけある。

個人的には、5月のFive Boro Bike Tourよりおすすめ。今回の参加者は6千人と、年々増えているようですが、まだ走りやすいし。大会としてコントロールできる規模なのでしょうね。
来年、Kが100マイル走るなら参加。走らないなら、Bike Philadelphiaか、他のローカル大会でも良いかな。




ロードバイク | 2009/09/15(火) 16:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)
New Paltz 90 km
Labor dayの3連休にクライミングでなく、バイクを乗りにNew PaltzへKと行ってきました。
こちらのサイト http://www.roberts-1.com/bikehudson/よりルートを検索。
44マイルのルートを選びスタートするものの道を間違えたため、スタートに戻り、35マイルコースで仕切りなおし。
hill indexが2.2になっていましたが、3台はある感じ。
農園がそこらじゅうにあったので、フルーツ農園を覗いてみた。
New Paltz 090509
洋ナシとりんごがなっていましたが、リンゴは既に色づいてシッカリした大きさ。ほんのりと甘い香りもしてました。が、間引きをしていない様子。だから、こちらのフルーツは甘くないのですね。もったいなや。。

コースは刑務所の脇を通る道も設定されており、ゲートのない敷地だったのでウッカリ施設内に迷い込むと、警備員がショットガンを持って飛んできました。素直に謝り、引き返す。
なんでも、この日2組目の迷子だったようで、2名の警備員のうち、一人のサングラス越しの目が大門さん(西部警察)のように鋭く感じたのはそのせいでしょう。。

コース後半には、1.5マイル続くBlue Chip Farmsなる巨大な馬牧場を通る。
New Paltz 090509-2
愛玩動物として馬を繁殖しているのでしょうか!?サイトをみると種付け料は5,000ドル~でした。

最後は、GunksのNear Trapps奥に伸びる岩山を左手にみながら4~5マイル走る。Gunksはまだまだ可能性のあるエリアなんですね。私有地でなければですが。。。

なんだかんだで、90km。Kは最長距離。ロードバイク乗り出して1ヶ月でこの距離は立派です。
こんな機会がなかったら、バイクのスピードでゆっくり回ることもなかったでしょうから、満足の1日でした。




ロードバイク | 2009/09/10(木) 15:21 | Trackback:(0) | Comments:(2)
下ハン
初めて使ってみました。

足が疲れていたので、心拍130bpm以下を意識。それでも、フラットでは30km/hを維持できました。風の抵抗による恩恵がここまであるとはビックリ。

そして、サドルの後ろに座り、足を回してペダリング出来るように意識した。回転がちょっと窮屈だったので、もう2mmほどサドルは高くてもいいかも。
車などの交通量が多い場所では向かない乗り方だけど、妨害するものが無い場所では向いていますね。

それと、鹿をみました。
気付いた頃には、2mの至近距離で目があった。飛び出されなくて良かった。40km/h出ていたので、接触したらただ事じゃすまなかったと思う。



ロードバイク | 2009/09/02(水) 12:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009年8月のCliMarathon
8月のクライミングはインドア2日のみ。
8月末に3日間で予定していたAdirondack ツアーもハリケーンDannyの影響で天候不順にあい、あえなく中止。
8月中旬から4週間ぶりに登ったものの、翌週より膝が腫れてしまったため、ほとんど登ることが出来なかった。
9月は月会費の元を取るべく、ジムには通いたい。
外岩は、ジムでそこそこ登れるようになるまで封印かな。


バイクは13日間、598.3km走行。
といっても、最後の2日間(8月30、31日)で240km走っているので、それ以外は50km以下でSpeed P8がほとんど。
8月31日には、1日の最長距離になる144km(90マイル)を走行。前日の走行で足にちょっと疲れが残っており、LSDだったものの全身が疲れた。特に右肩。後ろを振り返ると、痺れが出るほど(正座みたいな痺れ)。終盤は「痛い、痛い」とつぶやきながら走っていた。腕、特に右肩で身体を支えてしまっているから疲れが集中してしまっているのでしょう。解消には、腹筋・背筋で身体を支えて長距離走れるようになるか、サドル位置やステムを交換することでポジションを替えるかですね。
9月最初の週末はLabor Day Holidayで3連休なので、なるべく長距離に乗って、同様の痛みが出るかどうか再確認したい。
9月13日にNYC Centuryで100マイルにエントリーしているので、その前には出来る限り良好なポジションを出しておきたいですね。


最後に体重。156 lbsでした。ここ2年では最軽量でしょう。
9月はどしどし走って、体重をシッカリ落としたい。


まとめ | 2009/09/01(火) 15:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。