プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
River to River Bike Ride
7月25日、Kと参加してきました。
場所はSouderton, PA。I-78をNJからPAに走り、NJボーダーから30分ほどの場所。
それでも、自宅から2時間はかかる場所なので、4時30分に自宅を出発。

イベントは午前と午後の部に分かれていて、昼食がスタート地点でふるまわれる。
午前、午後ともに25マイル・50マイルのルートが用意されていて、組み合わせにより25マイル~100マイルの距離が走れる。

登録を済ませ、自転車に空気を入れていると、いきなりパンク。
会場にバイク屋さんのテントが出ていたのでみてもらうと、空気を入れる金具の付根がザックリ切れてました。良くあることなんでしょうか。
なんと、パンク修理はバイク屋さんのスタッフがしてくれました。しかも、チューブまで使っていただいて。初心者にはありがたいサービスです。

午前中は25マイルコースを選択。8時にスタート。
例のごとく、cue sheetが配られたんですが、ほとんど必要ないくらい目印がシッカリと道路にプリントされていて、一度も迷うことはなかった。

RtoR09
牧歌的な風景が続きます。
道路も走りやすい道がほとんど。

RtoR09-2
アルパカ牧場も発見。アルパカ、初めて見ました。

午前はほとんど辛い坂が無く、走りやすいコースでしたね。

10時にスタート/ゴール地点に到着。その頃には、昼食の準備が出来ていた。
あまり期待していなかった昼食は、レストランからのケータリングでどれも美味。35ドルの参加費のほとんどはここに消えていたんですね。

午後は一人で50マイルを走りました。
準備をしていると、10人くらいの集団が出発していくので後をついていくことにする。
バイクを集団で走るのは初めてだったので、色々と戸惑いました。
集団の後ろについて走っていたら、最後尾のライダーは後方からの情報を前方のライダーに伝える任務がある感じ。かといって、集団の中に入って図々しく走るのも気が引けたので、程なくしてから集団と距離をおいて走ることに。
休憩所は、25マイル、40マイル地点にあり。炭水化物を意識した豊富な種類の補給が振舞われていました。水だけでなく、ゲータレードも出てた。
で、午後のコース。
激坂がありました。いままで走ったことの無い傾斜の坂で、坂をみた時はバイクから降りて押してあがろうかと思ったほど。しかし、登ってみると長くなかったので、何とか登りきれた。

RtoR09-3
午後はクライミングで行ったことのあるHaycock Mt.付近を走ったので、見覚えのある道路名が何度か出てきた。
それにしても、後半は坂が多かった。ホームコースのBike 9程ではないけど、フラットばっかり走っていたらまともに走れなかっただろう。
途中20分ほどしか休憩を入れなくても50マイル走れるようになったので、満足です。

大会名がRiver to Riveなので、川から川を走る大会なんですね。
南はSchuylkill Riverから北はDelaware Riveまで走ります。
どの大会も共通しているのは、中高年の方が本当に多いってこと。彼らの元気さには頭が下がります。
本大会の良さは、牧歌的なのんびりした景色と、長距離を走るローディーを意識した補給を提供してくれるところ。この大会なら、安心してセンチェリー走れそうです。
来年も走りたいですね。

大会ホームページ:River to River Bike Ride





スポンサーサイト
ロードバイク | 2009/07/29(水) 12:51 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Lost City
7月19日 Lost City Magnumエリアへ。G、M、たまりっひさんと。

6月にやった課題に再挑戦してきました。指と腕の力が落ちていて前回よりも切れが無い。身体もちょっと重い感じだったかな。

Gとたまりっひさんは初めてのエリアなので、どしどし登ってもらいました。

LostCity071909
PohPah V7/V8

LostCity071909-2
Magnum boulderのV5
バランスがとっても悪い課題。

LostCity071909-3
この日はいつものBacchusには行かず。ドイツレストランのMountain Brauhausへ。
以前行ったときに気になっていた白ソーセージを注文。
味が濃くなく日本的な感じ。
アルコール9%のビールにやられました。


クライミング | 2009/07/21(火) 14:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
7/18 109km
この日は昼からいつものBike 9を北上。

休憩所の見直しをしたかったので、キョロキョロしながら走る。
Nyackでシャカリキさんから聞いていたカフェを発見。自宅から18マイル位の距離なので、距離的には丁度いいかな。

先週折り返した場所から更に坂を登りBear Mt. Bri.を目指しましたが、1.5マイル程の坂を登り切り下り坂が出てきたところで停車。同じ強度の坂を登るのは時間的にも体力的にも危険と判断して、大人しく引き返しました。
復路で第2休憩。

071809
屋根付きベンチ付きのDeliでコーラ500mlを補給。
このコーラ。とある方のブログで補給に使っていたので、真似してみたんですが理由がよく分からなかった。
めったに買わないコーラのラベルをみて、納得しました。
1ボトル辺りナトリウムが65mgとなっています。塩辛い手軽な補給食が簡単に買えないアメリカで、ナトリウム補給をどうしようか考えていたところなので、納得の補給アイテムですね。
砂糖もバッチリ入っているので、飲み終えると頭がシャッキリします。

第3休憩は、Piremontにて。
071809-2
先週と同じカフェではなく、スーパーにてセブンアップを補給。
と、高級車両が停車したので記念写真。
ここでは、色んな高級車を毎週みます。

071809-3
写真を撮っているとオーナーさん登場。
お金持ちの方なんでしょうけど、体形にビックリ。
上半身と下半身が別人みたいです。しかも、足は引き締まってる。

今回は前回よりも休憩時間を50分削って走ったので、最後の高速区間でスピードが伸びず。休憩って大切ですね。
でも、平均スピードは0.1mphしか変わらず。心拍は高めでしたが、先週より坂道が楽だった気がします。
今回は下り坂から上り坂になる場所での走りを変えました。今までは、下りに差し掛かったところで、出来る限り足を回して下りで出来るだけスピードをあげようとしていました。今回は、下りは惰性で走り、登りに差し掛かったところで回し始めました。というのも、下りから回しているために坂の途中で足に疲労が溜まってしまうためです。作戦は成功。長距離を走るには、下りで積極的に回すんじゃなくて、休んだほうが結果的に長距離の平均スピードを落とさずに走れそうです。

それと、身体のバランスについて色々検討してみました。
腕は、両肩甲骨の間辺りに力点を置いて乗るのが効率が良さそうです。

右足小指付け根の靴擦れは相変わらず。クリートの位置を変えれば良いのだろうか!?次に自転車屋さん行く機会があったら調整してもらおう。


ロードバイク | 2009/07/20(月) 17:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Tour de Queens 2009
7月12日、第2回目になるツールドクイーンズに参加してきました。
当日は、未明まで降った雨が嘘のような晴天。気温も上がり過ぎず、自転車日和でした。

Tour de Queens-1

参加者は1,000名限定とサイトに記載されてましたが、1,500名位居た気がします。

Tour de Queens-5
写真の遠くの方まで人で埋まっています。1,000人以上居るでしょうに。

Tour de Queens-3
NYPDの協力により、交差点と言う交差点は、すべて車の走行が規制されていました。と言っても、規制しっぱなしって訳にはいかないので、バイク集団の進行に合わせて、道路を規制していました。最後尾のペースにあわせて交通整理していたってことですね。
こんな草イベントに凄い労力がかかってます。

Tour de Queens-6
参加者は色々。お子様からお年寄りまで。スタート前にそばに居た方はコネチカット州から来られたそうです。自転車もロードバイクから年期の入ったバイクまでいろいろ。写真のようなロックが取り付けられる自転車をよく見かけました。NYらしいですね。

Tour de Queens-2
こんな小さな子も20マイル走るんですよ。
交通整理は彼女のペースでコントロールされていたでしょう。

Tour de Queens-4
こちらではよく見かけるジョイント式二人乗り自転車。

Tour de Queens-7
ツールドフランス開催時期に合わせてなのか、山岳賞のジャージを来ています。

Tour de Queens-8
わんこも走る。

Tour de Queens-9
ゆったりとしたペースでしたが、天気もよく楽しめました。
特筆すべきは、大会主催者のTransportation Alternatives (TA)。ボランティアの質も高く、小イベントにも関わらず、NYPDのバックアップを受けてすばらしい大会になっていました。
20マイルと言う距離は、健康な方にはどうってこと無い距離ですが、2時間ほど走った後に小休止を入れ、補給食まで出ます。子供やお年寄りへの配慮もきちんとされています。
ここまでしても、参加費用は無料です。
同じNYCでもバイク最大のイベントFive Boro Bike Tourとは運営の質が大違いです。

自転車の普及と安全・地位向上を目指す熱を感じました。
T.A.
Tour de Queens

ちょっと不可解なのが、14歳以上のヘルメット着用を義務化していないこと。
まわりに走行中の自転車がたくさん居る中で、両手をハンドルから離してフラフラ走っている非常識な人も居ました。転ぶのはその人の勝手ですが、集団で走っている以上巻き添えを食う人も必ず出てくるわけですからね。こういう人は、何処行っても居るんでしょうけど運営のほうからガツッと言ってもらいたいものです。






ロードバイク | 2009/07/13(月) 11:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)
7/11 105km
naoさんと走ってきました。
誰かと走るのは初めて。

071109-1

071109-2
今日の第一・第二休憩場所にて。天気はいいけど、気温が上がり過ぎない絶好の日でした。

071109-4
コースはハドソン川を北上します。

071109-5
こんなとこですが、ニューヨークです。

071109-3
明るくて色が飛んでしまってますが、背景はハドソン川。

071109-6
本日の第三休憩所。いつも行くカフェ。

071109-7
甘すぎなくておいしいチョコレートマフィン。これは、うまい!

071109-8
カフェのあるPiermontではBastille dayが開催されていました。フランス移民の方が多いのでしょうか。

071109-9
フランスって、そんなイメージか??

071109-10
何処にでもいる、祭りで酔っ払ってしまったおじさん。

071109-11
いや。パフォーマンス中だったようです。



休憩をふんだんに取り、最後まで比較的元気に走れました。
7月の週末は晴れがつづくといいな。


ロードバイク | 2009/07/11(土) 20:42 | Trackback:(0) | Comments:(2)
週末130km
7月は7日現在で、194.5km走れてます。既に6月を上回ってしまいました。

順調のようですが、7月最初の土曜日に64マイル(102km)走ってきたんですが、最後の15マイル程はほとんど力が入らず、朦朧としながら走っていました。

原因は、低血糖、日射病が考えられます。道中、げん骨サイズのチョコレートマフィン(250kcal?)と10cmのジャム入りクッキー(150kcal?)を1枚、パワージェル1個(100kcal)を補給しました。帰宅後、コーラを2本、うどんを食べましたが回復せず。低血糖であれば、これだけ食べれば回復するはず。倦怠感は日曜日も続き、バイクには乗りましたが気分が悪かったので10km程しか走れませんでした。天気が良かったので、日射病だったのかもしれません。
1ヶ月間空いていたとはいえ、100km位の距離でここまでへばるとは思っていませんでした。週末2日とも走るときは、75km+75km位で止めておかないと疲労回復に時間がかかり過ぎてしまうようです。それと、低血糖になってからでは遅いので、補給をもっと積極的にしようと思います。

そんな状態明けの7日。いつもの平日コースを32km走りました。不思議と身体が動くので、身体の動きに任せていたら、1時間9分12秒でフィニッシュ。コースレコードでした。平均時速は27.82km/h、途中信号や交差点で徐行や停車がある中での走りとしては上出来ですね。平均時速を30km/hにすると、1時間4分を切ります。年内中に1時間4分が目標かな。

走りのウィークポイントは上り坂を登りきって平地を走る時に、登り坂のダメージが身体に残って平地で直ぐにスピードに乗れないこと。
登りをがんばりすぎてしまっていることから、心拍が高くなり過ぎ、足に疲労が溜まってしまっているのでしょう。それと、ケイデンスを落としすぎても疲れが溜まる気がする。
ケデンスをなるべく60rpm以下にしないように、かつ心拍も150bpm位でキープできるように走りたいけど、坂の傾斜や長さによってはどうしても維持できないこともあると思う。あとは身体に運動強度を慣れさすことかな。




ロードバイク | 2009/07/09(木) 15:35 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2009年6月のClimarathon
2009年6月のクライミングは、インドア1日、アウトドア1日と低調。
アウトドアが6月6日、インドアが6月29日と3週間空いてしまった。お陰で、肩や手首の痛みは感じられなくなった。しかし、指の痛みは相変わらず。

7月も中旬から忙しくなるので、5日くらいジムにいければいい方かな。如何に故障を直して、筋肉・技量を落ちないようにするかがポイントになりそう。
先日のインドアでも無理をせず登ったけど、引続きグレードは追わず、ムーブを意識して登って行きたい。


バイクは8日間、157.4km走りました。
といっても、ロードバイクは1日のみ。しかも、Kと大会に出ただけなのでペースもゆっくり。これで、Speed P8買ってなかったら、運動をほとんどしない月になってた。
それと、6月は例年の4~5倍ほど降水量が多かったので、バイクに乗ることができた週末の早朝なども、雨のために乗れなかったために距離が伸びなかった。冬までローラー代は買うまいと思ってましたが、雨が続くようだったら、考えないといけないかな。

7月は天気さえ良ければ500km位は走れそう。体重が思ったほど落ちてくれないので、クライミングより自転車を習慣化させることを優先したい。


そして、一番問題の体重。
6月末日の体重が160 lbs.。増減無しなのは、いいのか悪いのか。。
月中は158~160 lbs.で推移していたので降下傾向にはあるような気がする。食事でコントロールしたくないので、やっぱり運動量を増やすしかない。


まとめ | 2009/07/03(金) 14:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。