プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
アメリカ東海岸にもあった西海岸
Long Island 050110

5月最初の週末はLong Islandのワイナリーへ。
Long Islandの東端はワイナリーだけでなく、Tri Stateエリアの海産物配給場所でもあった。
運よく、収穫したばかりの小柱のフリッターを肴にワインを頂いた。
生バンドあり、陽気に踊る人々を肴にワインもグイグイ進む。
美味しい海産物、ワイナリーがセットになった場所は稀なんじゃないだろうか。



スポンサーサイト
レジャー | 2010/05/06(木) 18:38 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Stars on Ice
フィギアスケートを初めて生でみた。

Stars on Ice

バンクーバー五輪のメダリストを含む世界のトップ選手の夢の共演。

Stars on Ice 2

写真のサーシャ・コーエン。2007年、ロックフェラーツリーの点灯式にスケートリンクでパフォーマンスしたのをテレビでみた。クリスティーナ・アギレラの生歌にのった彼女の演技はもの凄く印象的でした。その彼女の演技は、やっぱりしなやかで素晴らしかった。


レジャー | 2010/04/18(日) 00:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)
at Union Square
NYC013110

日光の猿化しているユニオンスクエアのリス。身体もアメリカンサイズ。



レジャー | 2010/01/31(日) 19:48 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Summer Street 2009
8月15日(土)、Summer Streetに行ってきました。

Summer Street 09

昨年から始まった夏の恒例行事で、72nd Street, Park Av.からBrooklyn Bridgeまで続く歩行者天国です。歩行者天国といっても、自転車・ローラーブレードなどの乗り物も可。

Summer Street 09-2
72丁目からグラセン・メットライフビルを望む。セントラルパーク→タイムズスクウェアのような派手さは無いものの、これはこれで壮観でした。

Summer Street 09-3
ボランティア精神旺盛のお兄さん。
爽やかな対応は、皆の気分も爽やかにしてくれます。

Summer Street 09-4
"I am Legend."にて、愛犬(Sam?)が犠牲になってしまうシーンに使われてましたね。
歩いて通れるのは、この時期だけでしょう。

Summer Street 09-5
結構犬を連れた方を多数発見。また、ワンコも観念したように黙って座ってるんですよね。

Brooklyn Bridgeも途中まで渡りましたが、あまりの人の多さに途中で引き返してきました。
バイクで走ってみて良かったのは、72ndからグラセン付近までかな。

折角マンハッタンまでバイクで出たので、バイク屋を3軒はしご。何れも、NJのバイク屋に比べるとお店自体が小さいし、品揃えもいまひとつだったので、購買意欲が起きませんでした。

翌日の16日は、NYCハーフマラソンも開催されていたので、この時期のNY観光は普段と違ったNYを満喫できるんじゃないかな。



レジャー | 2009/08/18(火) 15:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
蟹・カニ・かに
5月23、24日はブルークラブで有名なチェサピーク湾に面したCrisfieldへ行ってきました。
23日は、100kmバイクツアーに参加。
24日は、5月から7月までが旬のソフトシェルクラブのお祭りに参加。

表題どおり、カニづくしの旅でした。

crab8
蟹クリームスープの上にもカニが。

crab
初日の昼から蒸し蟹でした。おなじみのチリBBQ味。

crab2
ごちそうさまでした。

crab9
初日の夜はソフトシェルクラブフライ。

crab11
2日目の朝、蟹釣りカップルを発見。なんと、チキンドラムに糸を付けるだけで取れるらしい。

crab10
1時間でこの釣果。殻の幅が5インチを越えるオス以外はリリースだそうです。

Soft Shell Crab Festivalにて
crab3

crab4
祭りのメインディッシュ、ソフトシェルクラブ。

crab5
衣を付けて。

crab6
揚げます。
皆さん、サンドイッチにして食べていました。

crab7
食べ終わったゴミは、ゴミ箱に捨てよう。

crab12
そこらじゅう、カニだらけ。

crab13
宿泊先では、手作りクラブケーキを頂いた。
クラブケーキはメリーランド発祥の食べ物だそうです。

crab14
ジャンボサイズの活蟹を自宅用に購入。
しかし、火力の問題でカラッと揚げることが出来ず。小ぶりのものを買うか、レストランで食べるのがベターなようです。

ソフトシェルクラブを食べる習慣は、硬い殻を割って、身を穿り出すのが面倒くさいと感じるアメリカ人が多いことから生まれました。
でも、いつもいつも脱皮直後の蟹が取れるわけじゃないですよね!?
なんでも、釣った蟹を脱皮するまで待ってから市場に出すらしいです。手が込んでますね。



レジャー | 2009/05/28(木) 10:49 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。