プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
故障につき
休んでいます。
今度は股関節です。

痛みは昨冬からあって、だましだまししのいできましたが、9月のラムニー後、10月のレッドロックス後、共に股関節と腰に我慢し難い痛みが出てきたのと、11月のNYCマラソン応援を自転車で往復した後も痛みが激しく出たので、身体のチェックアップを決意。
レントゲンをとると、左右股関節のソケット上部がクッキリと石灰化していました。先生からはよく我慢してたねと言われる程悪かったようです。
確かに、固定ローラーを始めた昨年12月頃くらいから自覚する痛みはあったし、徐々に股関節が左右に動かなくなっていたのは分かっていた。動きに制限があっても、クライミングもバイク(特に前後・上下への動きは左右ほど酷くなかったから)も出来ていたので放置していた。なんでも、肩と股関節は炎症があっても腫れないらしい。腫れないように、他の筋肉やら筋やらが負担を分担して何とか動くようにしてしまうそうです。膝のように腫れてくれれば、ここまで引っ張らなかったんですがね。。

サイトで症状を照らし合わせると急性型股関節周囲炎と慢性型股関節周囲炎が併発している感じ。そりゃそうですわ、1年ほど我慢していたわけですから。
3月位から指の関節が痛かったのでAdvilを2ヶ月くらいに渡り服用していたのと、その後は長期投与によるAdvilの副作用が怖かったので、グルコサミン・コンドロイチン・MSM、ターメリック、DHA・EPAを抗炎症、GAGsの再生目的に服用。指関節への効果は体感できなかったけど、今考えると意外とこれらが股関節の症状を抑えていたのかも。

とりあえず、関節の炎症が治まるまでは股関節を使わないように指導されていて、通院開始から3週間経ち、日々良くなっているものの痛みが完全に取り除けていません。
痛みが消えたとしても、内股の筋などがガチガチに固くなってしまって、足は開かないし。足を内側にひねる動きも制限があるので、身体を昨年の状態に戻すには長期リハビリが必要な感じです。

そんな状況ではありますが、知人よりCyclocross用のバイクを購入。故障も全快させて、来シーズンからローカルシリーズに参戦するつもりでいます。
直らない症状ではないらしいので、じっくり時間をかけて直していこうと思ってます。

7月からまとめをしていなかったようなので備忘記録として記載。
<7月>クライミング:インドア8日、外1日。バイク:687.1km(9日間)
<8月>クライミング:インドア1日。バイク:493.2km(4日間)
<9月>クライミング:インドア3日、外3日。バイク:201.3km(2日間)
<10月>クライミング:外3日。バイク:0km
<11月>クライミング:インドア1日。バイク:40km(1日)


スポンサーサイト
まとめ | 2010/11/30(火) 17:32 | Trackback:(0) | Comments:(1)
2010年6月のCliMarathon
クライミング:インドア10日、アウトドア2日。
バイク:137.9km

<クライミング>
6月3日より復帰、なんだかんだで12日間登れた。まずまず。
肩の痛みはまだあり、左ロックオフ課題は出来ない。指関節も相変わらず腫れてしまっているので無理はしないで登っているため、筋肉の復帰にもまだまだかかりそう。どのみち10月まで外ではまともに登れないだろうから、それまでは故障箇所をこれ以上悪化させない+改善させていくことを第一に考えたい。

<バイク>
自転車に乗れるときに限って天候が悪かったり、体が疲れてて休んだりでまったく距離が伸びず。クライミングの日数を増やすとどうしてもしわ寄せが来てしまうけど、今のモチと体力では両立は無理だから仕方ない。ま、ボチボチと。



まとめ | 2010/07/01(木) 13:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010年5月のCliMarathon
クライミング:0日。
バイク:155.5km

<クライミング:肩の故障>
4月21日以降、左肩の故障により登らず5月一杯は休養した。

関節の障害も考えたが、病院にいってもレントゲン→MRIコースが予想され、検査だけで1日以上要するのがバカバカしかったので、病院へは行かず様子をみた。痛みの症状から、ネット検索による棘上筋腱炎(Supraspinatus Tendonitis)であることがほぼ断定できた。治療法は休むこと、ストレッチ、軽負荷による筋トレが良いとのことでしたが、痛みがあるので休養とストレッチのみ実施。
6月6日現在、2回ジムで登ってみたが、痛みはアップ時に一番強く出るのと、運動強度を高めても痛みは出る。痛みの出方を考えると、4年前に経験した腸脛靭帯炎に似ている気がする。ま、何れも使いすぎによって起こる炎症だから、似てる筈ですよね。

6週間休み、指の関節も良くはなっていたものの、登り終わった後の関節の腫れは相変わらず。6月は週3日以上のクライミングはせず、指と肩に負担をかけないように登って行きたい。

<バイク>
Five Boro Bike Tourに折り畳み自転車で参加。ママチャリ的な乗車位置でも肩が痛みながらも楽しく乗れた。以後は肩の様子をみながらだったため、結局2日しか乗れず。

<体重>
5月31日現在 158lbs。運動不足・暴飲暴食の割には体重維持。おそらく、筋肉がそぎ落ちているだけでしょう。


まとめ | 2010/06/06(日) 21:48 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010年4月のCliMarathon
クライミング:インドア6日、アウトドア3日。
バイク:216.2km

<クライミング>
4月21日以降、左肩の故障により登れず。順調に登っていただけに残念。今日で10日間運動をしていないが、痛かった指の関節もだんだんと良くなっているので、悪いことばかりではない。左手は8-9割、右手は6割位で握れるようになった。

肩の状態を考えると5月に復帰したとしても、様子をみながらの登りになりそう。指皮が柔らかくなってしまったので、ぼちぼち復帰したいところだが、無理はしないつもり。

<バイク>
バイクに乗れるときに限って雨が降ったり、晴れていたら肩痛のため乗れなかったりと、距離がほとんど伸びず。それでも、クライミングよりは復帰が早くできそうな気がする。
5月はNYのバイク月間なので、イベントに参加していく予定。

<体重>
4月30日現在 157lbs。ここのところ変更なし。目に見える筋肉の付き方も変わってきたが、まだまだ無駄肉を絞れる感じ。


まとめ | 2010/05/01(土) 07:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2010年3月のCliMarathon
クライミング:インドア11日、アウトドア3日。
バイク:室内1時間、室外88.7km

<クライミング>
5月のRumneyツアーのために、ロープをスタート。右手中指・薬指の腫れ・痛みが酷いのでカチがほとんど握れず、カチ課題を除いたトライになっている。これ以上悪化しないように、だましだましやるしかないかな。
指に頼った登りが出来ないので、体幹がものをいう。4月は体幹、ひきつけに重点を置いてトレーニングすることになりそう。

結局3月中にPrivate Angelを登ることは出来なかったけど、今の指の状態を考えると仕方ない。でも、セントラルパークでの登りで身体の使い方に気付きがあったので成果はあった。4月中には、今まで手をつけてきたV7かV8を一本登っておきたいところ。

<バイク>
バイクモチが上がらず、ほとんど乗ることが出来ず。その分、クライミングに偏ってしまっているけど、仕方ないかな。4月のバイクも気候が3月よりは良くなるので、距離が伸びると思う。

<体重>
3月30日現在 157lbs。先月と変更なし。筋肉量は増えているはずなのでむしろ評価すべきなのか!?ジムでの登りもロープが増えているし、自転車に乗る時間が増えれば自然と痩せるはず。




まとめ | 2010/04/04(日) 23:43 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。