プロフィール

ポンするめ

Author:ポンするめ
2004年1月に何となく始めたクライミング、クライミングのための減量にと始めたランニング。いつの間にか趣味といえるものになっていました。

夢は大きく、
クライミング V10登攀!
ランニング  サブ3達成!
30代のうちに達成しておきたいですね。

2007年中の膝の故障で、リハビリ中。
2010年もランニングはお休み。
2009年よりロードバイクを開始。2010年は1日に240km乗れるようになるのが目標。

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
RSSフィード
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
故障につき
休んでいます。
今度は股関節です。

痛みは昨冬からあって、だましだまししのいできましたが、9月のラムニー後、10月のレッドロックス後、共に股関節と腰に我慢し難い痛みが出てきたのと、11月のNYCマラソン応援を自転車で往復した後も痛みが激しく出たので、身体のチェックアップを決意。
レントゲンをとると、左右股関節のソケット上部がクッキリと石灰化していました。先生からはよく我慢してたねと言われる程悪かったようです。
確かに、固定ローラーを始めた昨年12月頃くらいから自覚する痛みはあったし、徐々に股関節が左右に動かなくなっていたのは分かっていた。動きに制限があっても、クライミングもバイク(特に前後・上下への動きは左右ほど酷くなかったから)も出来ていたので放置していた。なんでも、肩と股関節は炎症があっても腫れないらしい。腫れないように、他の筋肉やら筋やらが負担を分担して何とか動くようにしてしまうそうです。膝のように腫れてくれれば、ここまで引っ張らなかったんですがね。。

サイトで症状を照らし合わせると急性型股関節周囲炎と慢性型股関節周囲炎が併発している感じ。そりゃそうですわ、1年ほど我慢していたわけですから。
3月位から指の関節が痛かったのでAdvilを2ヶ月くらいに渡り服用していたのと、その後は長期投与によるAdvilの副作用が怖かったので、グルコサミン・コンドロイチン・MSM、ターメリック、DHA・EPAを抗炎症、GAGsの再生目的に服用。指関節への効果は体感できなかったけど、今考えると意外とこれらが股関節の症状を抑えていたのかも。

とりあえず、関節の炎症が治まるまでは股関節を使わないように指導されていて、通院開始から3週間経ち、日々良くなっているものの痛みが完全に取り除けていません。
痛みが消えたとしても、内股の筋などがガチガチに固くなってしまって、足は開かないし。足を内側にひねる動きも制限があるので、身体を昨年の状態に戻すには長期リハビリが必要な感じです。

そんな状況ではありますが、知人よりCyclocross用のバイクを購入。故障も全快させて、来シーズンからローカルシリーズに参戦するつもりでいます。
直らない症状ではないらしいので、じっくり時間をかけて直していこうと思ってます。

7月からまとめをしていなかったようなので備忘記録として記載。
<7月>クライミング:インドア8日、外1日。バイク:687.1km(9日間)
<8月>クライミング:インドア1日。バイク:493.2km(4日間)
<9月>クライミング:インドア3日、外3日。バイク:201.3km(2日間)
<10月>クライミング:外3日。バイク:0km
<11月>クライミング:インドア1日。バイク:40km(1日)


スポンサーサイト
まとめ | 2010/11/30(火) 17:32 | Trackback:(0) | Comments:(1)
NYCマラソン 2010
今年は応援できました。
フレンドシップランはKと。当日はSatoshiさんと。
応援はMount Sinai病院前、セントラルパークに入る前の難所で、35km過ぎのゆるーい登りが続く、いやらしい場所。

NYCM 2010
写真はフレンドシップラン。



マラソンレース | 2010/11/08(月) 14:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Cyclocrossを観に行く
103110
昨冬、外でのクライミングは寒すぎたため、この冬にする屋外スポーツを兼ねてより検討していた。Cyclocrossをしている知人から、Cyclocrossは如何に寒くても開催されると聞かされた。競技中は体を常に動かしているのでクライミングよりましだろうし、Youtubeなどの画像だと実際のレース全体の雰囲気まで伝わってこないので、実際にみることにした。

カテゴリーは4クラスあり、プラス35+や55+のマスタークラスもある。入るとしたら35+になるのだろう。
競技は1時間ほどで終わり、決められたコースを周回する。クラッシュも度々見受けられたが、オフロードでする大会だけに怪我はロードバイクほどではない感じ。
毎週末、車で移動できる場所で大会は行われているようなので、自転車のモチ維持にもいい感じ。
問題はロードバイクで出場できないこと。タイヤの太さが違うため、マウンテンバイクかCyclocross用バイクが必要になる。新車を買うつもりは無いので、中古車を手ごろに買えるかが、Cyclocrossをスタートするかの決め手になりそう。



ロードバイク | 2010/11/01(月) 15:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Vegas 2010
Las Vegas出張のついでに2日間の休暇を取り、Red Rocks、Joshua Treeへ行ってきた。

Vegas 102310
初日はRed RocksのSondstone Quarryエリアへ。写真はKeep your Powder Dry 5.12a
8月からRumney以外のクライミングはほとんどしていなかったが、傾斜のきついパワー系ということもありグレードほど難しく感じなかった。もちろん、レッドポイントはできませんでしたが。

Vegas 102410
2日目はJoshua Treeへ。

Vegas 102410_2
ヤスリ系の花崗岩に指をやられる。すっかり柔らかくなってしまった指にはしんどいエリアだ。
写真はV7。オーバーハングに体幹系の課題。本来は得意系だけど、如何せん実力不足。J Treeで登れたのはV2まで。2日目にして既に体幹がよれてしまって、まったく粘れず。
Las Vegasから片道3.5時間。いけない距離じゃないけど、エリアも広いし、1泊~2泊が丁度いいエリアかな。

Vegas 102510

最終日は再びRed Rocksへ。この日は、Pierエリアへ。
アップでいきなり11a。ムーブは簡単だけど、息が切れるし、2日間の筋肉痛で指が握れず途中敗退。きちんとアップしてから登ってたら登れてたかも。
次は5.12b、核心ムーブ前のカチが甘くて持てる気がせず敗退。
カナダからのペアが登っていたトリッキーな5.11aをTRさせてもらう。ノーテンで登る。ちょっと登れる気がしてきたので、5.11cをマスターOSトライ。しかし、世の中そんなに甘くない。リードになったとたん、ロープが上から張られていないと思い切れずテンション祭り。でも、何とかトップアウト。

Vegas 102510_2
最後に5時からボルダリング。この頃には身体・気持ち共にボロボロ。目の前で三ツ星のV4登られてもファイトが起きず。気を取り直して、V2にトライするも指皮の痛みがモチベーションに勝って登れず。。

ここ3ヶ月ほど、ほとんど登っていない割には、登れたかな。
練習しないといかんなー

10月23日(土)
Avian Wall
Coyote Moon 5.9 FL
Sandstone Quarry
Keep your Powder Dry 5.12a ★★ ×(今回は中間点までの5.12aをトライ)
The Trophy 5.12b/c ★★★ ×(出だしのボルダームーブ推定V3が登れず。ヒールジャムが怖かった)

10月24日(日)
Joshua Tree
課題名失念

10月25日(月)
Pier
Under the Boardwalk 5.11a ★★ ×
Geometric Progression 5.12b ★★★ ×
Seventh Hour 5.11a TR(ノーテン)
Basement 5.11c ★★ MOSトライ ×



クライミング | 2010/11/01(月) 14:48 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Rumney 2010
2010年9月18日~20日、Rumneyに言ってきました。
今回はMarkと二人。

4月末の肩の故障から、抑えて登っていたのと8月から2回しか登れていなかったので、結果には拘らず登ることにした。

9月18日(土)
NJを8時前に出発。Rumneyには13時には到着。
到着後、パーキングが見たことがないくらい一杯でビックリ。ローカルっぽい人からトイレの前も止められると聞きホッと一安心。
この日はMain Cliffに向う。
Markも1年ぶりのリードということもあり、スロースタート。

Toxic Gumbo 5.8 ★ FL
Anchovie Caper 5.8 ★ FL
Scene of the Crime 5.10a FL

9月19日(日)
Rumney 2010
朝起きると霧が凄い。曇っていたし、岩場が心配。。

DAcres 2010
D-Acresの朝食、ケールにありつく。これが楽しみでここまで来た。しかし、コーヒーがなくなっており、Markは御冠。それでいて、10ドルになってた。次回以降に、ここでの朝食は無いな。

朝一にアクセスしやすいエリアのThe 5.8 Cragへ。
2007年時に私がRPしたRomancing the StoneにMarkが登りたいというので取り掛かる。Markは核心を難なく超えたものの、なんてことの無いスラブで足を滑らせてしまう。もったいない。。朝からの霧の影響で滑り残っていたんだと思う。
続いて、Meadowsへ。
ここでは衝撃を受ける。Repossession 5.10aに取り付くも、トップアウト出来ず。核心の最終クリップから終了点までのムーブが作れず。まさか、5.10aを登れないとは。。
それと、Mr. Popular 5.10a。終了点のカラビナでトップロープやクライムダウンするもんだから、カラビナが磨耗して2/3ほど削れてた。まったく、信じられない。いつか大事故になるぞ、これ。
日没前にWaimeaへ移動。
移動中、Waspに刺される。激痛。
でも、今回一番触ってみたかったWaimea 5.10dを目前に帰るわけにもいかない。
日没間際ということもあり、撤収時間も考えて私がMOSトライすることになった。
とりあえず、ノーテンで登りきるのは無理だから、クリップごとに各駅停車。しかし、何度クライムダウンしたことか。。無駄な体力をたくさん使ったけど、怖いから仕方ない。そして、核心ムーブ。核心ムーブ後のホールドの感じが掴めず、どうしても思い切れない。何度かトライしたけど、日も沈んできたので1クリップを残してMarkと交代。Markは2テン。ちょっとプッシュしたら登れてたのに。。

<Flash>
Snake Skin Slab 5.8 ★ (The 5.8 Crag)
Mr. Popular 5.10a ★ (Meadows)

<Incomplete>
Bolt and Run 5.9 ★ テンション祭り (The 5.8 Crag)
Repossession 5.10a テンション祭り (Meadows)
Romancing the Stone 5.10c ★★ テンション祭り (The 5.8 Crag)
No Money Down 5.10c ★ 2テン (Meadows)
Waimea 5.10d ★★ テンション祭り (Waimea)


9月20日(月)
初めてのエリアThe New Waveへ。
3日間で一番力が抜けていい登りが出来たかな。でも、登っていないせいで指皮が常に滑って困った。
New Waveでアップ後、ローカルクライマおすすめのKannel WallのBig Angler 5.11aにトライ。1ムーブだけV2があって、後は5.9と言うお買い得ルート。ビビリな私はTRでトライ。核心ホールドは今回のツアーで触った一番悪いカチ。気持ちが負けてテンション。いいとこなしや。。

The New Wave
Son of Sammy 5.8+ ★ FL
Couch Potato 5.9 ★ FL

Kannel Wall
Big Angler 5.11a ★ TR


やっぱり練習して無いと登れませんね。怖さの克服はもちろんのこと、指が信じられないのは致命的。でも、登れるシーズンは限られているし、練習がきちんと出来ている時期に登りに行くのはなかなか難しい。
クライミングモチがあがらないのも問題。これは如何ともし難い。

今回からクリップスティックを導入。これはいい。何でもかんでも1ピン目はスティックを使った。
そして、虫刺され。Wasp、大きいやつじゃなかったけど、ホント痛かった。日曜日中はズキズキ痛くて、月曜日から腫れが大きくなり、腫れが治まってきたのが木曜日あたり。一撃の威力は蚊以上ですね。


クライミング | 2010/09/24(金) 15:52 | Trackback:(0) | Comments:(1)
次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。